• ナース・ジャッキー4|WOWOWオンライン

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN

About ナース・ジャッキーについて

Category カテゴリー

Writers プロフィール

池田敏
アメリカTV・映画ライター。映画誌・TV誌に寄稿し、「これが面白い! 海外テレビドラマ ベスト・テン2011-2012」(キネマ旬報社)で監修・企画協力をつとめた。


2月28日(木)S4#5「ルームメイト」“One-Armed Jacks”

5

【STORY】
食器で卵を割るジャッキー。朝食を作って娘たちに起きるよう急かす……が、娘たちがいないことを思い出す。娘たちが夫ケヴィンと暮らしていることを忘れていたのだ。ジャッキーはせっかく焼いたパンケーキを持ってオハラの家へ。夫とよりを戻したいという彼女にオハラは無理だというが、ジャッキーはケヴィンにランチをしようと電話する。
オールセインツでは、実家を出たいというゾーイが別の病院でパートを始めたといい、ルームメイトを探すビラを持参していた。“今日は爆弾を落とす”というクルス。ナース服を統一するというのだ。クーパーはナースが着るよう手伝う役目を志願する。
27歳の男性ティモシーが、橋から身投げしてオールセインツに担ぎ込まれる。恋人との心中で、死亡した恋人ジェスと手錠でつながっていたが、そのせいで彼の左腕は引きちぎられていた。左肩が痛いジャッキーはエディに手伝ってもらい、テープで肩を固定しながら、今までごめんねと彼に謝罪する。そんなエディは、飲酒してから出勤した様子。ケヴィンからジャッキーに、ランチをしようという返事が。ジャッキーはソーにメイクを手伝ってもらい、ケヴィンと約束したレストランへ。しかしそこに現れたのは、離婚のための書類を持った臨時の代理人だった。代理人が立ち去った後、ジャッキーは思わずウェイトレスにウイスキーのオン・ザ・ロックをオーダーするが、普通のランチに訂正する。それでも収まらないジャッキーは、電話ちょうだい、とチャーリーの携帯の留守電に残す。
ゾーイの“求むルームメイト”というビラは、クルスによって次々と剥がされていく。そして院内ではナースが集められ、新しい制服を着るかどうか自由討論会(実際は選択の余地が無い新制服説明会)が開かれるが、仕切り役を買って出たクーパーの熱意は空回りし、ナースたちは次々と去っていく。
クアンタム・ベイの圧力で、ナース歴35年目なのに資格更新をしないといけないのかとグチるアカタライタス。オハラはお腹の子は男の子だと明かし、クーパーはおもちゃを持って彼女のお腹の子をあやそうとするが、それは明らかにうざったがられる。
ジャッキーはゾーイに、ルームメイトになってもいいと提案。大喜びのゾーイ。そんなジャッキーとゾーイが乗ったタクシーはティモシーとジェスが飛び降りた橋を通る。
一方、クルスは再びチャーリーと会う。“親子っぽいことをしよう”と提案するチャーリーにクルスは小遣いを渡してやり過ごそうとするが、チャーリーは去っていく……。

【今回の診断書】
最初からテンションが高い上、情報量も多かった「ナース・ジャッキー」のこのシーズンですが、今回は恐らく“箸休め”的な、よくも悪くも息継ぎ的エピソードだった……と思わせつつ、実はクルスとチャーリーが父子だという衝撃の事実を明かし、やはり今回も楽しませてくれました。ジャッキーとゾーイのルームメイト関係も気になるところで、次回以降も楽しみです。
加えてユーモラスな場面が多く、“コンブチャ(昆布茶)”を飲んでいたクルス(実際はヘルシードリンクのようなものだという説も)にからかわれたソーが、クルスを気に入っているのでむしろそれを喜ぶとか、クーパーが“僕がアホだと思う人”と尋ねて、多くのナースに手を挙げられるとか、くすりと笑わされました。
一方、真面目な場面も幾つか。自分は産科だからとオハラを心配するクルスの“患者は最高の治療を受ける権利がある”という台詞や、クーパーがエディに“自分に子供はいらない。顔はよくても情緒不安定では困る”という自虐的な会話に驚かされました。
そして誰より、ジャッキーとルームメイトになったゾーイが印象的でした。ラスト、パンケーキと聞くと踊りたくなるといい、ジャッキーが焼いているそばで踊る姿は、何とも微笑ましかったですね。

【最初に流れる歌】
1961年から活動している女性R&Bシンガー、ディー・ディー・シャープ(Dee Dee Sharp)の“There Ain't Nothin' I Wouldn't Do For You”です。

【終わりに流れる歌】
ロサンゼルスが拠点のポップ・カルテット、オー・ダーリング(Oh Darling)の“Prettiest Thing”です。

【カーター政権】
アカタライタスは、カーター政権以来と言いながら煙草を吸うように。カーターとは、第39代米国大統領のジミー・カーターのこと。カーター政権は1977~81年だったので、約30年ぶりとなりますが、何となくアカタライタスの年齢をほうふつとさせます。

【バイオニック・ジャッキー】
1976~78年に全米放送されたTVドラマ「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」に引っかけたギャグ。体の一部が機械になった美人サイボーグ、ジェミー(リンジー・ワグナー)がヒロインで、日本でも当時人気が高かったSFアクションドラマです。

2013.2.28|エピソード|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565304/56858100

この記事へのトラックバック一覧です: 2月28日(木)S4#5「ルームメイト」“One-Armed Jacks”:

コメント

コメントを書く